AKKY JOURNAL !!

色々な情報を発信していきます

終わらない復讐の連鎖『ミュンヘン』を鑑賞!!

僕が観賞した映画について、自分なりにあらすじや感想を書いて、【映画感想文】としてまとめてみました。
第5回ではスティーブン・スピルバーグが監督・製作を務めた問題作『ミュンヘン』を紹介します。

この映画のあらすじや感想について、書いていきたいと思います。
皆様の映画選びの参考になれればと思います。

ミュンヘン [Blu-ray]

ミュンヘン [Blu-ray]

  • エリック・バナ
Amazon

映画のデータ

タイトル:ミュンヘン
ジャンル:サスペンス・アクション
監督:スティーブン・スピルバーグ
製作:2005年 アメリカ

主な出演者

アヴナー役:エリック・バナ
スティーヴ役:ダニエル・クレイグ
カール役:キアラン・ハインズ
エフライム役:ジェフリー・ラッシュ

『ミュンヘン』のあらすじ

1972年のミュンヘンオリンピック開催中、パレスチナゲリラの襲撃によってイスラエル選手団11人が殺されてしまいます。

報復を決めたイスラエル政府とイスラエル諜報機関“モサド”は暗殺チームをヨーロッパに送り込みます。

リーダーに任命されたアヴナーは、愛する妻ともうすぐ生まれてくる子供を残し、愛国心を胸に祖国の平和を願って旅立ちます。

ヨーロッパを舞台に、1人、また1人とテロリストを暗殺していくアヴナー達…
初めは祖国のためと張り切る5人でしたが、パレスチナの若者達や女暗殺者との出会いを通して、苦悩するようになります。

『ミュンヘン』の感想

この作品は1972年に実際に起きたパレスチナゲリラによるミュンヘンオリンピック・イスラエル選手団襲撃事件、その後に実際に起きたと思われるイスラエルとパレスチナの報復合戦をもとに製作されたものになります。

主人公のイスラエル人・アヴナーが仲間と共にテロの首謀者たちを追い詰める物語となっています。

序盤はアヴナー達が銃や爆弾を使ってターゲットをどうやって倒すのか、ハラハラして見守っていました。
その中でも、首謀者の中で家族と暮らしている人がいて、妻子を巻き込まないように爆殺しようとする場面は特に目を離せなかったです。
(どちらにせよ、妻子はかわいそうですが…)

前半はアクション映画としての要素が強いのですが、中盤を過ぎて物語の毛色が変わってきます。

何かの手違いでアヴナー達の隠れ家がパレスチナの活動家達と一緒になってしまいます。
その場は何とかごまかすアウナーですが、会話の中で彼らのリーダーがアヴナーに質問します。

「お前らに国を持たない人間の気持ちがわかるか?」

この言葉が、印象強く残りました。
実際に自分が質問されたとき、何と答えていいかわからないと思います。

「かわいそう」とか「つらいだろうな」とか…
きっと、そんな言葉で形容できるものではないのだろうなと思います。

パレスチナの人達にとっても戦う理由はもちろんあるのだと、改めて気づかされる場面でした。

イスラエルにはイスラエルの、パレスチナにはパレスチナの正義がある。
ここで起きているのは決して正義と悪の戦いではないのです。

そこからはただのアクション映画としては見ていられなくなっていきます。
自分も相手から狙われているという恐怖と、多くの命を奪ってしまったという苦悩で狂気にとらわれていくアヴナー…

映画のラストシーン、彼は上司のエフライムに「いくら殺しても、新たな後継者が現れる。こんなことは無意味だ」と訴えます。

この映画の舞台となったミュンヘンオリンピックは1972年に行われました。
そして、2021年の今でもイスラエルとパレスチナの対立は断続的に続いています。

他のどんな解決策がベストなのかはわからないけれど、少なくとも報復の繰り返しばかりでは永遠に問題は解決しないのだろうなと思いました。

色々と考えさせられる映画でした。

主演のエリック・バナ、祖国への愛国心と罪の意識に揺れる暗殺チームのリーダーを見事に演じていました。

共演のダニエル・クレイグもよかったです。
『007』のジェームズ・ボンドとはまた違う感じの荒々しい雰囲気で良かったですね。

そして、冷酷な上司・エフライムを演じたジェフリー・ラッシュ…
ベテランの凄みがありました。

まとめ

今回の【映画感想文】では『ミュンヘン』を紹介しました。

この作品の僕の評価は★★★★★です。
怖いシーンもあるし、悲しい気持ちにもなりますが、それでも名作映画だと思います。

ハラハラ・ゾクゾクする映画が好きな方や、史実を元にした映画が好きな方にはおすすめの作品です。
興味がありましたら、チェックしてみてください。