AKKY JOURNAL !!

色々な情報を発信していきます

少しヤバめの戦慄ホラー『へレディタリー 継承』を鑑賞!!

僕が観賞した映画について、あらすじや感想を【映画感想文】としてまとめてみました。
第3回で紹介するのは、“現代ホラーの頂点”とも評価される戦慄のホラー映画『へレディタリー 継承』です。

この映画のあらすじや感想について書いていこうと思います。
ちなみにネタバレはしないように気を付けます。
皆様の映画選びの参考になれれば幸いです。

ヘレディタリー 継承(字幕版)

ヘレディタリー 継承(字幕版)

  • 発売日: 2019/04/10
  • メディア: Prime Video
 

映画のデータ

タイトル:へレディタリー 継承
ジャンル:ホラー映画
監督・脚本:アリ・アスター
製作:2018年 アメリカ

主な出演者
アニー・グラハム役:トニー・コレット
スティーブ・グラハム役:ガブリエル・バーン
ピーター・グラハム役:アレックス・ウォルフ
チャーリー・グラハム役:ミリー・シャピロ
ジョーン役:アン・ダウド

『へレディタリー 継承』のあらすじ

グラハム家で、アニーの母・エレンが亡くなります。
彼女の葬儀を終え、悲しみを克服しようとするアニー達。

彼女は家の中でエレンの存在を感じます。
それを母を失った悲しみから来たものだと捉えて、ある遺族の会の会合に参加するようになります。

しかし変化はアニーだけではなく、末娘のチャーリーにも現れていました。
鳥の首を切断したり、何かに導かれるようにさまよったりと、何か様子がおかしいチャーリー

そして、ピーターがチャーリーを連れて同級生とのパーティに参加した夜、恐ろしい悲劇が起こります。

その悲劇をきっかけに崩壊していくグラハム家と、精神的に壊れ始めるアニー
彼女を救おうと、自信も息子と孫を失った女性・ジェーンが近づいてきます。

『へレディタリー 継承』の感想

この後グラハム家をさらなる恐怖が襲うことになるのですが…
もう、とにかくすさまじい映画でした。
ホラー映画の全てが詰まったような映画です。

観終わった後は、何かとんでもない映画を見てしまったなぁっていう気持ちになりました。
ただ“怖い映画”ってだけではないのですよね…
醸し出す雰囲気がとてつもないのです。

クライマックスでは完全に雰囲気にのまれてしまいました。
不気味で恐ろしいはずなのに、なぜか納得して見入っている自分がいましたね。

実はホラー映画は大好きでよく観ています。
『死霊館』シリーズが特に好きです。
そして、古い作品ですが『ローズマリーの赤ちゃん』も大好きな作品です。

『へレディタリー 継承』はこれらを合わせたような作品に感じました。

『死霊館』シリーズに代表される一般的なホラー作品のように観る人を視覚的に怖がらせる仕掛けを多く含んでいる上に、『ローズマリーの赤ちゃん』のように密かに感じられる不気味な雰囲気が全編を覆っています。

この不気味な雰囲気が作品の完成度を高めているように感じました。

音響も怖さに拍車をかけていました。

リー・ワネル監督の『透明人間』も効果音やBGMが怖かったのですが、『へレディタリー 継承』も効果音がヤバかったです。

こちらの方が音の怖さや圧力は強かったように感じます。
暗いシーンに圧迫感のある効果音を合わせてくると、本当に不安になりますね。

そして、キャストの演技力も高かったです。

一家の母親・アニーを演じたトニー・コレットの演技力が凄かったです。
家族に怒りをぶつける表情や恐怖にひきつる表情、何かに取り憑かれたかのような表情等、1つ1つの表情に鬼気迫るものを感じました。

末娘のチャーリー役のミリー・シャピロも凄かったですね。
「この子、大丈夫なのかな?」と本気で心配してしまうくらいの名演でした。

普通のホラーとは何か違う、一筋縄ではいかないホラー、そんな印象が強い映画でした。

まとめ

今回の映画感想文では『へレディタリー 継承』を紹介させてもらいました。

この作品の僕の評価は★★★★★です。
本当にただならないものを感じた映画でした。
最初から最後まで圧倒されました。

ホラー映画が好きな方や“現代ホラー映画の頂点”に挑戦してみたい方、そして何とも言えない不気味な雰囲気を感じてみたい方にはおすすめの映画です。
興味がありましたら、チェックしてみてください。